流産後も妊活は続けて大丈夫?

流産手術後は子宮の中がキレイになるので妊娠しやすくなるともいいますが、本当なのでしょうか?

 

流産手術後の妊娠率について、実際のところはどうなのか、専門家の意見も踏まえつつ、詳しく調べてみたいと思います。

 

子宮の中で赤ちゃんの成長や心拍が止まってしまい、妊娠の継続が難しくなった状態を流産といいます。超初期の流産の場合は、子宮の内容物が自然と排出されて手術をせずに済む場合もありますが、ある程度子宮内で成長していた場合は、手術によって胎児や胎盤などを外に出さなければなりません。手術といってもメスでお腹を切るわけではなく、子宮内に特殊な器具を挿入して、内容物を吸引したり、掻き出したりする処置を行います。大抵の場合は日帰りで処置を受けることが可能です。

 

流産手術後は妊娠しやすいの?

前述したように、流産手術後は子宮の中がキレイになるので妊娠しやすくなるという説もありますが、反対に流産や流産手術によって子宮内膜が薄くなるため妊娠しづらくなるという意見も存在します。少なくとも流産は母体にそれなりのダメージを与えるため、流産後は一定の期間、体を休める必要があるというのが、産婦人科に携わる医療者の中では一般的な見解とされています。流産をしてしまった後、すぐにでも妊活を再開したいと考える人もいますが、流産後 妊活は、子宮が元の状態に戻るまではしっかり休養を取ることも妊活の一つだと考えるようにしましょう。

 

流産手術後の安静期間はどれくらい?

流産手術後は、最低でも月経が2回来るまでは、妊活の再開は控えた方が良いでしょう。正常な周期の月経が2回来たら、体が十分に回復したとみなして、妊活の再開にOKを出す医師が多いようです。月経が再開するまでの期間や、安定するタイミングは人によって異なるため、具体的な妊活の再開時期は、かかりつけの医師と相談をするようにしましょう。また、月経が2回来たからといって、心の回復が追いついていなかったり、まだまだ体調が安定しなかったりする場合は、妊活再開の時期をもう少し待ってみるのも一つの選択だと思います。

 

流産手術後に気をつけることは?

自分ではすっかり回復したと思っていても、体や心に表に現れないダメージが残っている場合があります。流産手術後は、体も心もダメージを受けた後である、ということを忘れずに、くれぐれも無理をしないように心がけていただければと思います。また、次の妊娠のためにも、ある程度体調が回復してきたら、基礎体温をつけておくことをお勧めします。基礎体温をつけておくと、月経周期が安定してきたかどうか・排卵がちゃんとされているか、などを客観的なデータとして確認することができます。医師にとっても大事なデータとなりますので、基礎体温の計測は習慣づけておくと良いでしょう。

更新履歴